人気ブログランキング |

tianzi tea house カフェ マクロビオテック  中国茶 チェンマイ

cuisine de garden でランチしてホテルの戻ったのが2時半。





ホテルで少しくつろいでたんですけど、
夜のお祭りまで、まだ少し時間があったので




昨日、ちょっと気になった店に行ってみることにしました。







お昼に通った時に、
は~~何ここ~~~??
立ち止まった立たずまいだったのです。




自転車を置いて、門の前まで来たはいいけど、
入り口にメニューは無いので、ちょっとたちろぎw

tea houseと漢字の雰囲気から
まあ中国茶の飲める店かな~と思って入ってみることにしました。








中が良く見えないというか庭みたいな感じだったので
結構、ドキドキしながらだったんですけどね^^;








こちら入り口
赤い色、提灯、ん~自分好み!!
e0141982_1333731.jpg






e0141982_1341569.jpg








入って、奥にぼやっと見えているバレ席でお茶しました
お客さん誰も居なかったです。





30分後くらいに日が暮れると蝋燭が庭中について良い雰囲気!!
イーペン祭期間中だったからかは不明
e0141982_1344694.jpg





この看板の奥にはお茶を売っていたりテーブル席もあったかと思います
e0141982_1352489.jpg





メニューは、お茶からコーヒーもあり、
デザートも少しありで、
とりあえず、自分はプーアル茶、連れは緑茶のようなものを注文。
e0141982_136043.jpg








デザートは何かわからなく注文してみたら、沖縄のヒラヤーチそっくりでしたw
グニュっとしたあの食感です
薄力粉を水で練って焼いた生地ですけど、ここのは色が茶色なので少しそば粉入り?




上にパイナップルがあって蜂蜜をかけて頂きました




しめて310バーツ

e0141982_1362932.jpg









横にも似た感じのお店があったんですけど
2階もカフェかも?
か系列店?

e0141982_136562.jpg






e0141982_1372983.jpg




e0141982_1375046.jpg




____________________________________



さっきググッてみたら、こんな記事発見




メーピンホテル向かい、植物に埋もれた中国風の門をくぐると、
そこは中国雲南省シーサンパンナにあるお茶屋だった……。


 雲南省出身のオーナーご夫妻が雲南特産のプーアール茶の茶屋を開いて今年で7年。


プーアール茶は2005年と1999年との2つの年代から選べる。
蘭の花茶とブレンドすれば、プーアール茶の独特の香りと共に蘭の芳香が漂う。
 

タイ式座布団が敷かれた木の床にゆったり座ってお茶を飲むひと時、雲南省と北タイ、
そして日本へと文化の繋がりに思いを馳せる。
 


店の名前は「天の種」という意味。繊細な感性を働かせた2人のマクロビオテックメニューは数十種類。



化学調味料はもちろん、肉類や牛乳、卵も一切使わない。素材の味を生かした味付けでほっとする美味しさだ。

___________________________________



だそうです!


お客さん少ないし、お茶でマッタリもよいかと思います!

TianZi Tea house情報
【営業時間】10:00~22:00(日曜休み)
【電話】08-4608-0282
【誌面地図】F-5メーピンホテルビアガーデン向かい
【サイト】www.natureproducts.net

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



by atelierfrance | 2014-11-30 02:22 | 2014年 チェンマイ旅行記
<< イーペン祭 2日目 チェンマイ... エアポートプラザ ハリボー チ... >>